【暇潰し編】ひぐらしのなく頃に奉 プレイ日記

f:id:amefuule:20200620163229j:plain

赤坂が主人公の話。小さい梨花ちゃんも見れるぞ!

 

出題編をすべて終え、ようやく暇潰し編に到着。
これまでと違って共通ルートの選択肢でなく、すぐに入れるのがいいところ。
その代わり本編中に選択肢あり。

 

警察側メインの話。

祟殺し編で大石の印象が最悪だったけど、ここらへんで大石さんの素というか、本当の彼が見れたような。
いい人というよりは悪い人じゃないって感じですか!笑
雛見沢でもこんなふうに振舞ってくれればいいのに。最後に大石も言ってるけど、彼が好意的に接してたらなにか変わったんでしょうか。梨花からの印象が変わるのはデカイかも。

一方、赤坂は梨花ちゃんからの好感度かなりお高め笑
それでも基本東京の人でいろいろ状況もあってお助けにいけないけど……。
まだこの頃の赤坂はそんなに強くない赤坂ですしね。もし彼が大石の立場だったら……いや大石が悪いわけじゃないけども(;´Д`)

 

この暇潰し編では、ダム計画凍結に至るまでの経緯が詳しく語られている。といっても、重要なことはお預け。仕方なし。

大臣の孫の寿樹くん誘拐と現場監督事件を経て計画はストップします。

この現場監督ってのがまさかの大石さんのお友達。
おやっさん、乱暴だけどいい人っぽかったのに。打ち解けてない相手に誤解を与えるタイプだったのかなあ。
ここらへん、大石さんが雛見沢に執着する原因でもあるんでしょうね。さらに熊ちゃんがくわわって災害後も追い続ける運命に……。

寿樹くんは無事救出されて助かったけど、そもそも死守同盟が関わってたのかも、大臣が要求に応じたから解放されたのかも曖昧。
これも鷹野さん一派が関わってるのでしたっけ?誘拐したのが山狗なのは間違いないでしょうけど。

最後の乱闘も大石の言う通りあくまで計算なら、終始シナリオ通り、手の平でコロコロされて終わっちゃったよーな感じですね。
解決したようでなんも解決してないのだ。

 

ところで梨花ちゃんいわく、この世界もいろいろ分岐点があるようで気になる。
その1つはバッドエンドで見れちゃう。撃たれて突然終わる雑なやつですww

初回プレイでは勝手に命乞いを始めて大石に反撃の隙を作ってくれたんですが。
見てない選択肢を選んで進めたらあの場面でも選択肢が現れ、隙を窺ったら撃たれた……あの場面は赤坂一人ではどうにもならんってことかな。
ここの選択肢がこれまでの進め方によるのか、2週目で出てくるのかは不明。どう足掻いてもバッド強制直行とかあるのかな?

ここ、赤坂の命乞いがなんか面白くて好き。
赤坂らしくない「やっぱ撃つ気なんだろ!」で発症したのかと思った。迫真すぎる。

あとは赤坂が忠告通り東京に帰った場合。皆殺し編の赤坂がそうですね。
大石いわく、ハイ返すねってワケにいかないからあんな乱闘を演じて寿樹くんを解放したらしいので、あのまま放置でも無事だったのかな。
お魎が「憂慮」するしないは関係あったのか……本当に園崎が関わってたのか?ここらへんが謎のまま。

 

結局「わからん!」なんですが、過去にこういうことがあったよーというお話でした。
外伝がおもしろすぎて次も影紡し編の予定だし、なかなか本編に戻れないよう。