【3】零~刺青ノ聲~プレイ日記 瀧川吉乃「ついてきちゃった」

  f:id:amefuule:20201104233422j:plain

★お嬢様と執事の会話形式プレイ日記。

一の刻終わりまで。
ついにあの人が怨霊に。

バグかびっくり要素かわからないものが怖い。

 

瀧川吉乃の末路

前回は瀧川吉乃を追う話だったわね。ついでに現実世界の彼女にも会いに行ったのに助けてあげられなかったわ。

怜さん、普通に帰ってきてますけど…警察からいろいろ疑われてもおかしくない状況では。

煤になって消えちゃったなんて誰も信じないしね。

夢を見てあのお屋敷に来てしまった瀧川さんが煤になって消えたなら、怜さんもいつかは…ってことになりますよ。

んまあそんな先のこと心配しても仕方ない!寝よう!!

えええ…

 

 

夢のお屋敷に来たわ。まだ一の刻が続いてるのね…。

廊下の突き当り、柵の向こうにアイテムが見えてますよ。取れますか?

ダメっぽい。くそー、こういうのが一番悔しい!

まあまあ。とりあえず、瀧川さんがどうなったか見に行きましょうよ。まだあの部屋にいるかもしれませんよ。

じゃあまた仕切られた部屋からね。

 

 

うわっ、人形が落ちた!

最初の白昼夢でも人形の首が動いてましたよね。

いやだなあもう…ん!?なに!?なんだ!?

敵が現れた時のBGMですね。

でもなんもいないわよ。フィラメントも反応してないし。

では心霊現象ということで。

やめろ。

 

 

さあ、瀧川吉乃の部屋に来たわよ。

本当は「御簾のある座敷」ですね。

あ、いたいた瀧川吉乃。
でも起こしてあげなかったから怒ってるみたい。

ちょっと違う気もしますけど…あ、戦闘になってしまいました!

瀧川吉乃、死亡確認。

謎の影人間が湧いてきましたよ。いっぱいいる…。

こいつらも敵なのね。というか、肝心の瀧川吉乃が全然動かないわよ。攻撃もできない。

影を倒し続けるしかないのでしょうか?

この影、〇七式フィルムだと一発じゃ倒せない!ヒットバックしないし消えないから突っ込まれてダメージ受けちゃう。

遠くから攻撃するのが安全ですね。それか、もったいないですけど一四式を使いましょう。

もー、いつまで続くのよ。
…あ!きた!瀧川吉乃きた!

なかなか迫力のある女性ですね。

弱いけどね。強さも攻撃も葛原母親とあまり変わらないわ。

簡単に倒せましたね!影のほうが強かったのでは…。

まあ私にかかればこんなもの。

瀧川さん復活しましたけど。

え?ぎゃああああ!!

 

 

ああああ!!

ハァハァ…お?怜の部屋に戻ってきた?

あっ。あの人、こっちに付いて来ちゃったみたいですね…。

ふざけんじゃねえ!

 

現実に侵食する

もう嫌だなあ。変なこと起きなきゃいいけど。
あっ、深紅ちゃん!癒しだわ~。

f:id:amefuule:20201110151709j:plain

ルリも!癒しだにゃあ~~。

f:id:amefuule:20201110151943j:plain

にゃんにゃんにゃん

f:id:amefuule:20201110152045j:plain

(現実逃避だ…)

 

 

さて、深紅が瀧川吉乃の日記を手に入れたみたいね。病院から預かってきたそうよ。

たしか航空機事故でただ一人生き残った方なんですよね。一緒にいた家族はみんな死んでしまって。
「好きで生き残ったんじゃない」というセリフが悲しい…。

精神的にもいいからって日記を書き始めたみたい。
でも改善どころか怜と同じように痣が浮かんで、屋敷で身近な人の幽霊を見て、ついには煤になっちまったというわけね。

やっぱり、このままじゃ怜さんも危ないですよ。

どうしたもんかね。

 

 

夜になったわ。寝る前に家の探索をしましょうか。

そうですね。いくら現実でも見回りをしたほうがいいかもしれません。寝起きドッキリもあったことですし。

変な言い方すんな。

んー、でもなんにもなさそ出たああーー!!

和室に誰かいらっしゃいましたね。

と、撮れなかった…。

一の刻にして自宅が安全地帯とは言えなくなってしまいましたね。

早すぎるわ。

第4回へ続く。

零~刺青の聲~ PlayStation 2 the Best

零~刺青の聲~ PlayStation 2 the Best

  • 発売日: 2007/11/22
  • メディア: Video Game