【14】FF10-2プレイ日記~最強の敵、ついにあらわる

f:id:amefuule:20190329105308j:plain

(ストーリーLv.5)

残りのイベント回収と異界を制覇します。

メーガス三姉妹をこんどこそ!
サボテンダーもこんどこそ!

 

ブリッツボールの悪夢再び

ルカへ行くとブリッツボールシーズンが到来してました。
なんとカモメ団も出場できる!?
名前、カモメ・ダンて。

ブリッツは本当に苦手です。
しかも今作、なんか前作と全然違う。チュートリアルが前作ほど丁寧じゃないしマジでなにやってるのかわからねえ。

まあ、負けても問題なく進行できるっぽいので放置!

一方、スフィアブレイクはシンラに挑めるようになってました。
試しにケンカ売ってみたら計算ミスで自爆。
いやまあ、そもそも勝てるわけないですけどね!!

ミヘンへ行こうとしたらミッション発生。
モーグリを追え!』ということで空飛ぶモーグリを追えばいいだけのミッションです。

どうやらこれをクリアでルカはコンプリートらしい。
徒歩でミヘン移動しようとしなかったら見逃してたろうなあ。
5からはスタート地点がスタジアム前になるのでなおさら。

 

ミヘン、ふしぎな虫まみれ洞窟!

マキナ暴走の犯人調査ですが、

「犯人わかんない!打ち切り!」

となってしまいました。

あれえ、マジで……??
たしか何種類か犯人のパターンがあるはずで、テキトーにやっててもなにかしら展開した記憶があるんだけど。

あ、あんなにカメラ何度も見返したのに!
なんでや!ほんとにスッキリしないよ!

ただし、その代わりといってはなんですが。
ミヘンにチョコボを派遣したところ、旧道で洞窟を発見してきてくれました!
マジかよーいい子すぎんだろ!!

というわけで早速洞窟潜入。
3種類の爆弾を使い分けで壁を壊しながら進みます。

ただし、どこも同じような景色かつマップなし。
わざとなんでしょうがカメラアングルもビミョーで迷いやすい。
ぐるぐるぐるぐる、同じ場所を巡りながらあそこで爆破こっちで爆破ここも爆破とやってました。疲れたわ!!

また敵がキモイ。
なぜか足がいっぱい生えてる虫ばっかり。

退魔の腕輪をつけてもよかったんですが、こいつら以外に爆弾を補充する術がないのでまったく戦わないわけにもいかないという。
嫌がらせですか(泣)

ボスのキングヴァーミンもめちゃめちゃキモイです。虫しかいねえ。
こいつはファイガなど魔法攻撃主体。
ただ、ここのザコがみんな魔法攻撃ばかりでフォーリングやフォーブレスをつけてたのでたいしたことはなかった。

キングヴァーミンを倒せば洞窟クリア。
たぶん取り残しの宝箱いっぱいあると思うけど、かまうまい。虫はいやだ。
あのパインだって夢に出そうだって言ってたぞ!

 

異界を制覇しよう

メーガス三姉妹リベンジ。
あれからレベルもあがったし、案外いけるのではないかと再び挑む。

前回の反省から、最初は1体ずつ処理していくつもりでした。
が、もしかして全体技連発で一気にゴリ押したほうが考えなくて済むのではないかと思った僕。
全員ヘイスト+暗黒と覇弾で、わりかし余裕で勝利。いえーい。リベンジなりましたー。

レベルが上がったのはもちろん、デルタアタックを出させなかったのも大きかったかも。
あれは1体倒れたらもう使えない技のはず。

でも相手もかなり行動が早く、こっちヘイスト有りで全然動けないなーと感じたり。
なんやかんやドキドキしながらやってましたね。

なんかもう終わった気になってしまうけど、お次はアニマです。

アニマといえば即死!
即死防御のアクセをつけて挑むことに。
……しかし、即死技はありませんでした。

というか、姉妹に比べたらたぶん、いや絶対弱い。
前作のマカラーニャアニマを想定して挑むとかなり拍子抜けします。物理でガンガン殴ってれば普通に倒せたくらい。

カオティックDなんて壊滅覚悟したのに、3人ともピンピンしていた。
いいんですけどね。弱いのはすごく助かるけど。

そしてついに、あの花園みたいな場所に到着。
なんとルブランたちが先に来ていた!どうやって!?
アカギスフィア5くれよ!!

で、ここから先はラストダンジョン。ですが一度飛空艇に戻ります。
さすがにサボテンダーだけはやってから進みたいですしね。

飛空艇に戻ると甲板や居住区などでイベントありました。
もしかしたら初めて見たかも。記憶にない。

パインが「そうか、ユウナもこの一族か」と意味深に言うのですが、これってなんなんでしょう。
この一族というのはアルベドですね。

パインってアルベド語話せるし、かといって目のグルグルがないのでアルベド族ではない。
よくよく考えるとこの人、過去にもっとエピソードありそう。
もう語られる可能性は低いですが。

そして再び異界へ。

異界への入り口は複数あり、どこから入ったかで道中変化します。
というわけでこれを全部制覇。
リザルトプレート「終末の日」ゲット!

道中変化、というかちょっとしたギミックがそれぞれ用意されているだけ。
石をぶつけるやつはちょっと迷ったけど、あとは問題なしでした。

それにしても、こんなにリザルトプレートもらってもまったく活用できてないなあ……。

 

サボテンダー決着!

レベル3から始まったミッションをついに終わらせる時が。

最後の門番はフライレ。
協調性がなく、悪い子にそそのかされる、ということで、なんと悪いサボテンダーの巣にいるらしい。
今まで入ることはできなかったけど、ついに突入。

巣穴のザコは途中から巨大化してしまいます。
巨大サレットはどんどん硬くなるのでアーマーブレイク必須。デスペルでは消せないっぽい?

砂が積もっていくエリアはめちゃ焦りますね!
時間制限厳しいな、宝箱取る余裕ないじゃん……と思ってたら、どうやら埋もれても手前に戻されるだけという。

ここで、回収しつつセーブを繰り返してたんですが、ちょっと変なことに。

なんかユウナの移動モーション早くなってる!?

走るスピード自体は変わってない。
けど、動きだけヘイストかかったみたいになってます。違和感すごいな(笑)

なんでしょう、バグか仕様かわかりません。
時間制限ありのところを行ったり来たりしてる関係かな……まあ先へ進んだら直ったんですが。
ずっとあのままじゃさすがに困る。

砂通路を抜けた先にフライレ。
いつものミニゲームが始まります。

みんな同じサボテンダーで見分けがつかない。
しかし口元が微妙に違うよ!というヒントあり。たしかに口の形が違う!
そうはいっても切り替えスピードが速くてついていけぬぇ……。

しかし最後のほうで、口じゃなくて背景で見分けたほうがいいんじゃね?と気付く。
壁の左側が明るいのがフライレ。右の壁が明るいやつの次に来ます。

まあ、気付くの遅くて負けたんですけども……。

気を取り直してジャボテンダー戦。

ジャボテンダーはファイガですぐに倒れてしまいました。マジか。弱い!
意外なことに強いのはお供のサボテンダーで、こいつら魔法無効?炎無効?なんですねえ。
まあ暗黒でも打てばすぐです。

というわけでサボテンダーミッション、クリア!

そして間髪入れずに、恐怖アンラマンユの登場。

ついにこの時が来てしまった~~。
わかってたけど怖いなあ。
実際のところ、最強ボスはベベル廟のヤツなんでしょうが、これもじゅうぶん最強でしょう。

ともあれこれで発掘不可に。
倒さない限り砂漠でできることはなくなってしまいました。

ぶっちゃけアンラマンユなんぞ無視するつもりだったのです。
自力で数回チャレンジはしてみたけども、歯が立たないとかそーゆーレベルじゃない……。

だったんですが。

調べてみると、僕でも簡単にできそうな戦法を発見!
ダークナイトとアイテムシューターを使うものです。

これなら脳筋ゴリラの僕にでもできる!
ので、次回ちょっと挑戦してみたいと思います。