【鬼隠し編】ひぐらしのなく頃に奉 プレイ日記

f:id:amefuule:20200620163229j:plain

プレイ日記っていうか、読んだ感想日記。
初回は鬼隠し固定らしいので選択肢などもない。
steam版で読んだばかりだったけど、やっぱりフルボイスとなるとかなり違います。

一応、祭囃し編まで知っている者(うろ覚え)の感想です。

 

英語モード搭載と原作そのままが売りのsteam版と違い、いろいろ手がくわえられている奉(というか、CS版)。
文章表現、誤字脱字、あと露骨なパロネタも変更。なんかそれがちょっと寂しかったかもしれない。そうしないといけないんだろうけどね……。

ごっこでレナを捜索する時の(元ネタわからないけどガンダムっぽい……?)や、買い物罰ゲームでの「明るい家族計画」が削除。やはり同人ならではのものが消される。

あと、原作では「〇〇している自分がなんだか可愛い」という表現が序盤、頻繁に使われていましたが、CS版はせいぜい1回くらい。やっぱり文章も手をくわえられてますね結構。僕が気づかないところもたくさんあるでしょう。

お疲れ様会も、圭一がいないのは台本読みのせい、で立ち絵がないからではなくなっていたな。
原作はあの時点ではありませんでしたからね……。

鬼隠し編に入るまでの共通ルート?では、綿流し編の流れのイベントもありました。お礼の人形、エンジェルモートなど。

鬼隠し編では詩音は存在していない?間引かれている?そうなのですが、鬼隠し編に繋がる場合は、詩音の名前は本当にでっちあげということになるんでしょうか。
あそこで遭遇するのは一応、綿流し編でも詩音のフリした魅音なんだっけ……?でも何度も「あなたは圭ちゃん?」と確認するところは演技でなく詩音っぽさを感じたけど。

演出はCS版のほうが怖かったかな?原作ならではの淡々とした暗さももちろん怖いですが。
そういえば綿流し編の「くけけけけ」のアレはあるんだろうか。あったらやだなあ、びっくり要素だもんなあ(;´Д`)漫画版で驚かされたからなあ。

なんだか鬼隠し編の感想ではなくなっているけど。

何度読んでも、こんなに楽しくやってる仲間たちを疑って怯えるようになるなんて信じられないなー、と思います。
でも、怯えながらも圭一は自分で答えを言ってました、何度も。怯えによる(というか病気)幻覚・妄想だと疑ってて、そうだよ気づいてよ~~って何度思ったことか。

よくよく読むと裁縫針を実際には目で見てない(漫画版では見てる)……勝手に刺激物から針だと思っただけ。
気づけ気づけ!ってキレてた笑

まー病気のせいだけではなくって、隠し事の仕方がちょっと下手だったかなあ?とか、レナもオヤシロ様に関してはガチなので笑、そこも疑心暗鬼を加速させる要因だったり。

お疲れ様会で言っていた通りまだプロローグ。
奉では雛見沢停留所も収録されてるそうなので楽しみです。

ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - Switch

ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - Switch

  • 発売日: 2018/07/26
  • メディア: Video Game
 
ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - PS4

ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - PS4

  • 発売日: 2019/01/24
  • メディア: Video Game